女性専用キャッシングNET~女性のための優しい消費者金融~

健康保険証のみの場合、顔写真付きか無しで必要書類が変わる!

読了までの目安時間:約 3分

 

運転免許証を所持していない場合、キャッシング契約を行う際は本人確認書類として健康保険証を提出することになります。

ただし、運転免許証の様に健康保険証だけで契約が出来るかというと、健康保険証が顔写真付きか無しかで大きく変わってきます。

 

つまり、運転免許証と同様に健康保険証のみで契約を希望する場合、健康保険証が顔写真付きであることが重要になります。

これは、平成28年10月1日に犯罪収益移転防止法が改正され、健康保険証や顔写真の無い本人確認書類は追加書類の提出が必要になったことに影響しています。

 

結果的に顔写真付きの健康保険証は、保険組合により発行しているケースはあるものの、非常に稀なケースとなっているため、多くの方が追加書類の提出が必要になります。

特に健康保険証の場合は、住所を手書きすることも多く、公的に住所が明記された追加書類の提出が重要です。

 

追加書類としては、住民票や公共料金の請求書、納税証明書が該当するため、健康保険証で契約を希望する際はこれらの追加書類を準備する必要があります。

 

しかし、インターネット上で情報を検索すると『健康保険証だけで借り入れ可能』といった情報が記載されているサイトが多いものの、銀行や消費者金融の公式ホームページにおいてはしっかりと必要な書類を明記しています。

そのため、借り入れを検討する際は各金融機関のホームページを確認して、どんな書類が必要なのかしっかりとチェックするのがおすすめです。

 

現在では、基本的に健康保険証のみでのキャッシング契約は出来ないということを認識しておくことが重要です。

また、追加書類について情報が無いインターネットサイトは、平成28年10月1日に犯罪収益移転防止法改正前の情報と認識するのがポイントです。

 

女性専用キャッシング選び方   

この記事に関連する記事一覧