女性専用キャッシングNET~女性のための優しい消費者金融~

農家がお金を借りる際に考えるべきこと

読了までの目安時間:約 2分

 

農家がお金を借りるのも、サラリーマンや自営業者がお金を借りるのも、基本的には変わりません。

なので、確定申告の写しなど、所得を証明できるものさえ用意できるなら、その辺の銀行や消費者金融から、問題なくお金を借りることが出来ます。
ですが、農家の場合、サラリーマンと違い毎月の収入が一定ではないので、

 

たくさんお金を貸したとしても、スムーズにお金を返してくれないかもしれない
と業者側が考えるパターンが多いです。
なので、同じだけの年収があったとしても、サラリーマンなら100万円借りられるところが、農家だと50万円しか借りられない、ということが起こります。
このように、農家の場合、サラリーマンや公務員がお金を借りるより、審査が厳しくなるので、あまり多額のお金を借りられることを期待しない方がいいでしょう。

 

いっそのこと、民間の業者ではなく日本政策金融公庫から(農業改良資金として)お金を借りる方法もありますが、

 

農林漁業バイオ燃料法の認定を受けた農業者」のように色々な条件を満たさないと借りることが出来ないので、普通の小さな農家が借りるのは難しいでしょう。

 

これらのことをまとめると、農家でも問題なくお金を借りることが出来ますが、その扱いは自営業に準じるものになるので、サラリーマンより審査が厳しくなります。

 

日本政策金融公庫からお金を借りるという手もありますが、融資条件が厳しいので、生産規模拡大のため500万、1000万単位でお金を借りるのは難しいと思ったほうがいいでしょう。

 

女性専用キャッシング選び方   

この記事に関連する記事一覧